本当に子供産み分けは可能なのだろうか?

子供を望んでいる人の中には、子供の産み分けに関心があるという人も少なくはありません。産み分けの方法については、様々な方法が紹介されていますが、どのような方法であっても100%完全に産み分けをすることが出来る方法はありません。どのような方法を行ったのかにもよりますが、その成功率は70%~90%程であると言われています。

たとえ、望んでいた子供の性別とは異なる子供が産まれてきたとしても、自分たちの子供であることに変わりはありませんし、性別によって愛情に偏りがあるということは決して起こってはいけないことです。

産み分けに挑戦するという場合には、産まれてきた子供の性に関わらず、愛情と責任を持って育てるという気持ちが必要となるでしょう。

膣内環境が与える精子への影響、産み分けゼリーの特徴とは?

子供の産み分けをするための製品として、産み分けゼリーと呼ばれるものがあります。これは、膣内の酸性度を人為的にコントロールするための製品のことを指します。産まれてくる子供の性別は膣内が酸性かアルカリ性かということが重要になるとされています。

その理由としては、実は精子にはX精子とY精子の2つのタイプがあります。X精子は酸性に強く、Y精子はアルカリ性に強いという特徴があります。酸性に強いタイプは女の子、アルカリ性に強いタイプは男の子をつくるとされていますので、女の子を望む場合には膣内を酸性に、男の子を望む場合には膣内をアルカリ性にすることで産まれてくる子供の産み分けを可能することが出来る確率が高まります。

ジュンビ―株式会社 新発売の「ピンクゼリー」

2017年8月に新しく発売された産み分けゼリーがジュンビー株式会社の「ピンクゼリー」です。このような製品は以前から発売されており、ピンクゼリーという名のものもありましたが、それとは名称は同じですが全く異なるものですので注意が必要です。

ジュンビー株式会社のピンクゼリーの特徴は、一回使い切りの製品で、タンポン上の容器にジェル状のものが入っています。管理医療機器としての認証を受けているとともに、使用されている成分も安全面で実績のある成分ですので安心して使用することが出来ます。ジュンビー株式会社のピンクゼリーは膣内を酸性に保つ効果がありますので、女の子を望むという場合におすすめの製品であると言えるでしょう。

ピンクゼリーを選んだ理由は何ですか?

産み分けゼリーの使用を検討している人の中には、使用をすることに対して不安を感じている人も少なくはありません。そのような人の不安を解消する方法として、実際に使用したことのある人の口コミや体験談を参考にするという方法があります。ピンクゼリーを使用したことのある人の口コミや体験談を確認してみると、「一回使い切りの製品を選びたかった」「一人目が男の子なので二人目は女の子を望んでいたから」「友人から紹介された製品だったから」ということが多いようです。また、実際の結果についてですが、女の子の産み分けに成功したという口コミが多く見られますが、一部は男の子であったという意見もあるため、100%とは言えないようです。

コメントを残す