高齢出産での産後の抜け毛対策。早く止めたい!

なぜ出産後は抜け毛になるのか?

出産後に抜けが多くなるのは女性ホルモンのバランスが乱れるためです。健康なときであればプロゲステロンとエストロゲンという2つの女性ホルモンはバランス良く分泌されているのですが、妊娠すると徐々に量が増えていき、そして出産をしたら大きく減少していきます。

この2つの女性ホルモンのうちエストロゲンは、毛母細胞の活動にかかわる非常に重要な存在です。エストロゲンが減少してしまうと、髪の毛の成長は滞り抜け毛が増えてしまいます。一旦減少した女性ホルモンは、元通りになるまでには早くて1ヶ月半、遅ければ2ヶ月以上はかかります。

妊娠と共に女性ホルモンが増えていき臨月手前でピーク

妊娠をすると、体は子供を産むための準備に入ります。そのために体を作り変えるのがエストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンです。

エストロゲンはお腹の中で赤ん坊が育っていくのに合わせて子宮を大きくしたり働きがあり、プロゲステロンは胎盤や乳腺の発達を促します。プロゲステロンはその役割を妊娠初期で終えるので、すぐに増加は止まるのですが、エストロゲンは臨月手前がピークになるように増加していきます。

プロゲステロンは不安定な精神状態を引き起こす働きがあり、分泌量が増加する妊娠初期には悪阻を誘発することもあります。ですから妊娠が辛いと感じる人がかなりいるのです。対してエストロゲンは精神を安定させる働きがあり、なおかつ発毛に関わる女性ホルモンですから、妊娠前の髪の毛は出産が近づくにつれて、どんどんと生えていくということになります。

産後の薄毛がなかなか改善されない理由は?

産後に減少してしまう女性ホルモンのせいで、薄毛になってしまったとしても、一時的なことです。普通ならば、特別な対策をしなくても元の分泌量に戻っていきます。

しかし、人によっては薄毛が改善しないこともあります。それは夜泣きや授乳、おむつ替えなど慣れない育児が原因で心身ともに疲れ切ってしまい過度のストレスを抱えてしまうからです。配偶者は知り合いなど頼れる人は頼って負担を減らす努力をしたり、ホルモンバランスの乱れのために起きている血行不良を改善するために体をなるべく温めるといった努力が必要です。

それでも、下手をすれば産後うつになってしまうケースもありますから、重症化する前にかかりつけの医師に診てもらうことが必要です。低用量ピルを処方してもらうなど、改善する方法があります。

高齢出産のあなたにオススメ抜け毛対策は?

年令を重ねると、徐々に女性ホルモンの分泌量が減っていきます。ですから高齢出産をすれば余計に抜け毛が起きる可能性が高くなるのです。でも最近では晩婚化が進んで、高齢出産も珍しいことではありません。

そこで悩まないように、髪の毛の材料となるアミノ酸などが豊富に含まれている育毛シャンプーを使ってみたり、減少する女性ホルモンの代わりに毛母細胞を指摘してくれる成分が含まれている育毛剤を使用してみると良いでしょう。

それから基本的なことですが、運動や睡眠、食事の栄養バランスなどに気をつけるということは地道にやっていかなければいけません。抜け毛を引き起こすのは、そういった生活習慣の乱れと積み重なるストレスとです。ストレスについては子育てをしていくのですから、何もない状態にすることは難しいでしょう。それでもアロマテラピーや入浴などストレスを軽減する時間をつくることで抜け毛の量は少なくする事ができます。

コメントを残す