生理や妊娠と頭皮ニキビの関係性

生理のときにはニキビがよくできる、という女性は多いです。なぜなのでしょう。その理由は女性ホルモンのバランスが乱れるため、女性の体にはさまざまな変化や不調が起こりやすくなるためです。女性ホルモンが影響しているというわけです。妊娠時もホルモンバランスが乱れてしまうことから、ニキビができやすくなります。ニキビというと顔にできる印象が強いですが、頭皮にニキビができることがあります。生理時や妊娠時には頭皮ニキビができてしまったという人は多いです。健康な髪を維持するためにも、できるだけ頭皮ニキビができないようにしたいものです。なぜ生理時や妊娠時に頭皮ニキビができてしまうのか、その理由を知り対策を取るようにしましょう。

妊娠による頭皮ニキビ

妊娠すると体質が変わり、ホルモンバランスも変化します。女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンがありますが、特に妊娠初期にはプロゲステロンが大幅に増加します。プロゲステロンは男性ホルモンと似た働きがあるため、皮脂腺の働きを活発にし皮脂の分泌を増やしてしまいます。過剰に頭皮の皮脂が分泌されると、毛穴に皮脂が溜まり詰まりやすくなり頭皮ニキビができてしまうのです。ただ妊娠初期の段階を過ぎ、徐々にエストロゲンが増加することで自然に頭皮ニキビが解消されることがあります。妊娠中だけのことだと割り切ることも大切です。ストレスもホルモンバランスを乱す要因となります。赤ちゃんにも良くないので悩みすぎないようにしましょう。

生理前の頭皮ニキビ

生理前に頭皮ニキビができやすくなる理由も、妊娠初期に起こる頭皮ニキビの理由と同じです。生理の2週間ぐらい前、排卵が起こるころから、プロゲステロンが徐々に増加するのです。実は前の月経から排卵までは低温期で乾燥肌に傾きがちな状態です。肌も乾燥しやすくなり角質が厚くなると、毛穴が詰まりやすい状態になります。そして、排卵が終わったころには高温期となるため体温が上がり、熱がこもってニキビが炎症を起こしてしまいます。そこで生理が始まるころになると、皮脂分泌量が増え、頭皮ニキビが急に悪化することになるのです。頭皮ニキビだけでなく、生理前にニキビができてしまうのは、ホルモンバランスの乱れや肌状態の影響もあるためです。

頭皮ニキビを悪化させないために、生理前にできることは?

頭皮ニキビを悪化させないようにするためには、食生活や生活習慣を見直すことがおすすめです。例えば生理前には油っこい食事は避け、皮脂分泌を抑える働きのあるビタミンB群を積極的に摂取するとよいです。ビタミンB群は、豚肉やレバー、納豆やうなぎ、ピーナッツやあさりといった食材に多くふくまれています。もちろんバランスの良い食事を心がけましょう。偏食はホルモンバランスが乱れるもとです。また生活習慣の面では、ストレスを溜めない、睡眠時間を十分取る、規則正しい生活を送るということが大切になってきます。ストレスや寝不足などもホルモンバランスが乱れる原因となるからです。これらのことに注意して、生理のたびにニキビを悪化させないようにしましょう。

コメントを残す