一般的に出産後に抜け毛が増えてしまい、髪のボリュームがぐっと減って薄毛のトラブルになりやすい原因として体の女性ホルモンのバランスが変わってしまうことが挙げられます。ただ20代の女性に比べて10代はまだまだホルモンバランスが安定しないデリケートな年齢だという事と、若い内の出産はストレスを感じやすいため、産後の抜け毛に加えて、円形脱毛症、脱毛症を併発してしまう恐れがあるので、出産後の育毛剤を利用した頭皮ケアや、髪が抜けてしまった部分の皮膚が乾燥しないようにスキンケアをしっかり行うなど対策をとる必要があります。

10代に多い抜け毛は?

10代は出産が出来る年齢とはいっても、20代、30代の女性に比べてホルモンバランスが安定していないため、出産後はどの世代の女性も体のホルモンバランスが変動するため抜け毛が増えやすくなる特徴がありますが、時間と共にホルモンバランスは安定して抜け毛も自然に減っていきます。


しかし10代の場合もともとホルモンバランスが乱れやすい不安定な状態なので、抜け毛の量も多くなってしまったり、出産後の育児によるストレスが原因で円形脱毛症を起こしてしまう女性もいるため、10代だから抜け毛の心配はしないという方も、出産後は特に頭皮ケアを念入りに行うことが大切になるのです。


出産後はデリケートな状態になっているので、育毛剤をいきなり使用するよりもまずは頭皮の乾燥を防ぐためにも、頭皮の潤いを補給する頭皮専用のスキンケアアイテムを利用して保湿を行うことから始めることをおすすめします。

10代の産後ママに効果のある育毛剤は?

出産後に髪がゴッソリ抜けてしまい、髪のボリュームを少しでも改善したいという妊婦さんにオススメの育毛剤は、女性向けに作られた専用の育毛剤を利用することです。


男性と女性では抜け毛が起こる原因が異なるため、女性は女性向けに作られた育毛剤を利用することで、より短期間で育毛効果を実感することが出来ますし、何より女性向けの育毛剤には無添加の成分や天然成分が配合されて刺激が少ないのが大きな特徴なので、産後のデリケートな皮膚にも安心して利用することが出来ます。


またいきなり育毛剤に手を出す前に、一度かかりつけの産婦人科の医師にどのようなケアを行えば良いのか相談をすることが大切です。


市販品によっては肌に刺激を与えてしまう成分が配合されている場合もあるので、実際に利用してみたい育毛剤がある場合には医師に一度使用しても大丈夫か確認することによって、安全に頭皮ケアを行うことが出来るようになりますし、医師から使用方法やタイミングなどの指示を受けることが出来て安心です。