40代以降の産後ママに効果のある育毛剤!40代以降の産後の抜け毛・薄毛の原因は?

産後に抜け毛の発生や薄毛になるのは珍しいことではありません。出産を機にホルモンバランスが大きく崩れてしまいますので、その影響でヘアサイクルが乱れて薄毛になってしまうことがあるのです。

40代以降ですと頭皮の乾燥も症状の悪化を促進する原因です。女性の場合はただでさえ乾燥気味になりやすいですが、そうした中で出産を迎えることでさらに乾燥が進むことがあります。しかも産後でホルモンバランスの乱れが発生していることで、複合的な負荷によって髪が弱くなってしまうのです。そして年齢が高いと元々の髪の老化もあって顕著な症状を確認できることもあります。

頭皮ケアをしないとどうなるの?

産後の頭皮ケアをしない場合でも自然に治ることがあります。出産の後の脱毛症は自然治癒する症状でもありますので、特に対策をせずとも回復をするケースは多いです。したがってあまり深く気にせずに済ませてしまうこともできます。

しかしながら自然には治らないケースもあるために注意しなければいけません。人によってはさらに症状が悪化してしまい慢性化することがあるのです。女性にとって髪の毛は大事な存在ですので、抜け毛や薄毛になるとストレスになりやすいですが、そういった大きなストレスも原因となり症状を悪化させます

自然には良くならない可能性がある以上、予防としても適切な対策をすることは大切です。産後の脱毛症はきちんと対策をすることで悪化を予防ができる症状でもあり、回復も促進できます。放置してしまうのが最も危険ですので、産後の女性は頭皮ケアを疎かにしないように要注意です。

40代以降の産後ママに効果のある育毛剤は?

育毛剤で対策をする際には、まずホルモンバランスを整える働きがある育毛剤を選ぶことが大切です。産後は女性ホルモンが減少した状態になりますので抜け毛や薄毛になりやすいですが、乱れたバランスを整えてくれる働きがある育毛剤を用いることで症状の緩和に期待ができます。

保湿効果のある育毛剤を選ぶのもポイントです。年齢やホルモンバランスの乱れによって頭皮の乾燥も進みやすいですから、保湿をして潤いを与えてあげるのも早期改善のために必要です。特に元々、乾燥気味の人は出産をきっかけに乾燥が酷くなることもありますので、保湿をきちんと行うことを心掛けるのが鉄則と言えます。

産後はデリケートな頭皮状態になっている為、無添加で安全に使用できる育毛剤を選ぶことも大切です。ホルモンバランスの乱れと頭皮の乾燥は外的な刺激に弱くする原因にもなります。刺激性のある育毛剤を使うと症状が酷くなる恐れもありますので、優しく安全に使える処方になっている育毛剤を選んだ方が安心と言えるでしょう。

コメントを残す